産後の骨盤矯正

赤ちゃんイラスト
産後の骨盤は歪みます!
と言ってしまうと脅しているみたいでイヤなのですが、妊娠中や出産時、女性の骨盤が歪みやすいのは確かです。

妊娠するとだいたい7週目くらいから「リラキシン」というホルモンが分泌されて、骨盤をはじめ全身の関節が柔らかくなります。
そのおかげで出産時に骨盤が開きやすくなり、赤ちゃんが産道を通って出てくることができます。

このリラキシンは妊娠中から産後1〜2ヶ月頃まで分泌されるため、妊娠中から産後の2ヶ月くらいは骨盤が歪みやすい時期と言われています。

また妊娠中の体重のバランスの変化出産時の骨盤の開き恥骨結合部のゆがみ出産後の抱っこや授乳などでの無理な体勢なども骨盤の歪みの原因となります。

産後の骨盤の歪みを放っておくと自律神経や骨盤内の臓器・腰周りの筋肉などに影響を与え、産後の腰痛や股関節痛・恥骨痛だけでなく、尿漏れ・冷えやむくみ・体重が戻りにくい・母乳の出が悪い・産後うつ…など様々な問題を抱えやすくなります。

また、今は特に問題がなくても産後の骨盤の歪みが更年期を迎えてから影響し、更年期障害が強く出る傾向もあります。⇒更年期障害

産後1ヶ月が”チャンス”です!

リラキシンのはたらきで関節がゆるくなっているということは、たしかに歪みやすい時期ですが、反対に身体の歪みを治しやすい時期でもあります!

妊娠中や産後にできた歪みはもちろんですが、以前からある歪みや身体のクセ、サブラクセーションも関節の柔らかいこの時期には比較的簡単に整えることができます。

個人差もありますが、だいたい産後1〜2ヶ月を過ぎるとリラキシンの分泌は止まり、関節は元の固い状態に戻っていきます。

産後1ヶ月を過ぎたから もう手遅れということはありませんが、関節が動きやすいこの時期に集中的にカイロプラクティックケアを受けて、産前よりも健康になって子育てを楽しみましょう!

dscf2400

専用のクッションで産後胸の張る時期もうつぶせで検査・施術ができます。

バウンサーも完備。他の人もいないので赤ちゃんが泣いても歩き回っても大丈夫。
赤ちゃんや小さなお子さん連れの方も安心して通っていただいています。

産前産後

K.Kさん (主婦・産後3ヶ月/女性)

産前・産後と骨盤調整から全身のメンテナンスをお願いしています。
おかげさまでホルモンバランスが良いのか母乳の出も良く体調良好です。
あと嬉しいことに足のむくみが減少し、お尻も小さくなりました。

ご予約・お問い合わせはお気軽に
03-5336-6561
「ホームページを見て…」とお電話ください
ご予約方法と料金

ほかにもこんな理由でカイロプラクティックを受けられる方が多いです。
・頭痛
・肩こり
・腰痛
・坐骨神経痛
・ぎっくり腰
・自律神経失調症
・生理痛・生理不順
・不妊
・更年期障害
・骨盤矯正
・産後の骨盤チェック・骨盤矯正
・妊娠中のケア
・姿勢改善
・手や足のしびれ
・パフォーマンス向上
・特に症状はない

その他気になる症状等もお問い合わせください。
【西荻窪の整体】VIVACEカイロプラクティック
03−5336−6561
お問い合わせはメールでも受け付けています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする